水出し珈琲の作り方

    ダッチコーヒー器具

    水出し珈琲は、オランダ人が考案したと言われ
    ダッチコーヒーとも呼ばれています。

    写真の様な器具で、水を少しづつ落とし数時間(約8H)かけて抽出します。

    見た目が、マニアックで特長が有るので、お店の差別化を図る為使っている所もあります。

    使用する珈琲豆は、深煎りを使用します。
    味は、高い温度で、抽出される強い苦味がないので、マイルドでコクのある珈琲になります。

    ダッチコーヒー

    暖めて、ホットコーヒーとして、そのまま、アイスコーヒーとしても楽しめます。
    また最近では、右の写真の様な手軽に楽しめる器具も有ります。

    家庭で、手軽に、水出しアイスコーヒーを楽しむ方法。(水出しアイスコーヒーパックの製作)

      コーヒー豆:深煎りの珈琲豆を使用。(アイスコーヒー用!)
      約30g
      挽き具合 :細挽き
      麦茶パック:コーヒー約30gが入る大きさの物
           :普通の水600cc(水道水でOK!)
      容 器  :水、600ccが入れば、何でもOK!

      作り方

      上記の材料を準備して、麦茶パックを作るように、水出しアイスコーヒーパックを作ります。水600ccに、1パック入れて冷蔵庫で6〜8時間冷やせば、水出しアイスコーヒーの出来上がり。
      夜、おやすみになる前に、セットすれば、朝一番でアイスコーヒーが楽しめます。

      (注意事項)

      パックを取り出す時、絞らない。また、粉をこぼさない。 冷えた水を使用すると、抽出に、時間が掛かる。

      完成したアイスコーヒーの量は、約500cc。

    実際、こんなに簡単!

    1

    @スーパー等に売っている、普通のお茶パックです。ちょっと大き目がよいです。

    2

    A細挽きにした、深煎りの珈琲を使用。(メジャーカップ3杯、約30g)

    3

    B簡単な、シール機が有ると便利!(珈琲のこぼれ、無し)

    4

    C水600ccの入った容器に、入れて6〜8時間。冷蔵庫で冷やせばアイスコーヒー 完成は、珈琲約500cc。

    しいの木の水出しアイスコーヒーパック
    水出しアイスコーヒーパック

このページのトップへ