おいしい珈琲の淹れ方 U

珈琲を淹れる方法、器具は、いろいろあります。今回、紹介する方法は、手軽でローコスト、後片付けも楽なのに、本格的な珈琲が楽しめるペーパードリップ式を紹介します。

コーヒーツウの方に! (円錐のペーパー、ドリッパーを使用しますが、他の方法でも応用できます。)

珈琲、1杯分の湯の量は、120cc〜130ccが目安です。
(市販サーバーの1杯分の目盛りが約120ccです。)

1

@

ペーパーをミシン目の所で折り曲げドリッパーにセットする。

2

A

セットしたペーパーに荒挽きの珈琲を1人分10gを目安に人数分入れ、真中にくぼみをつける。


3

B

沸騰した湯を真中にゆっくりかけサーバーから珈琲が落ち出したら、周りの粉に円をかくように湯をかける。

4

C

湯が全体にいきわたったら、そそぐのを止めて3〜5分蒸らす。(蓋があれば乗せる)

5

D

蒸らし終わったら、湯を円をかくようゆっくりと泡を立てないようにそそぐ。この時、粉も動かないようにする。

6

E

湯を注ぐのは、粉の膨らんだ線までです。湯が線を越えるようなば、そそぐのを控えます。


7

F

珈琲が人数分の半分量まで出たらストップです。これで珈琲のおいしい成分は出尽くしています。

G

湯を人数分量になるまでたしてやります。この、湯のたし量で好の濃さにできます。また、湯の代わりに、を入れれば即アイスコーヒーの出来上がりです。

このページのトップへ