ページ内目次

No.09 家庭用エスプレッソマシンの実力
No.08 レンジでチン!!して作る、エスプレッソ!?
No.07 どっちが、上か下か?ナポレターナ!
No.06 アメリカンコーヒーが美味しいパーコレーター
No.05 アウトドアにぴったり、ハンディーミル
No.04 キャンプだけでは、もったいないフォールディングタイプのドリッパー!
No.03 おしゃれで、手軽な、ドリップセット
No.02 ちょっとモダンなコーヒープレス
No.01 1,000円 コーヒーメーカーの実力

アウトドアにぴったり、ハンディーコーヒーミル

ハンディーコーヒーミル

見た目は、チョット不安定な感じです。しかし、材質はステンレス
作りは、しっかりしています。

大きさは、ハンディータイプとしては、やや大きいサイズです。
(高さ19cm、直径4.8cm)

ハンディーコーヒーミル

ハンドルは、はめ込み式、固定されていません。 挽いても、ガタは、ありません。

右の写真の白いダイヤルを回して、コーヒーの粒(メッシュ)の大きさえを調整する。
(右に回すと、細かくなる。)


ハンディーコーヒーミル

上部のフタを開けて、コーヒー豆を挽く、
コーヒーは、下部の受けにたまる。

コーヒー豆の量は、2名分約20g
入ります。※30g近く入る。


ハンディーコーヒーミル

コーヒーの粒を粗挽きにセット、左の写真がその時の物ですが、
粒の大きさが不揃。

中挽きに、調整すると良く揃います。
ハンディータイプ ミルとしては、十分な実用性です。

家庭用エスプレッソマシンとハンディーコーヒーミル

実は、このミル細挽きがすごく得意な事がわかりました。

実は、家庭用のエスプレッソマシンに合ったお値打ちなミルは無いかと探していた時、たまたま、この手持ちのミルを試した所、すごく状態の良い細挽きが出来ビックリしました。

これで、家庭用で高価なエスプレッソ用のミルを購入する必要は、無いと思いました。

「家庭用エスプレッソマシンの実力」
でも紹介しています。

このページのトップへ