常滑焼焙煎珈琲

珈琲工房しいの木のある常滑は、古くからの焼き物の町です。

古くからの焼き物の町

昔は、町じゅうに大きな煙突が何十本も立ち並びそこから、黒い煙が
モクモクと湧き出ている風景が今も思い出されます。

黒常滑のすずめ

それはもう、すべてが真っ黒常滑のすずめは、黒いとまで言われていました。
「たしか、従妹のリカちゃん人形も、すぐに人種がかわっていたような気がします。」
そんな常滑も最近は、様変わりしています。

若い作家さんたちの自由な発想の焼き物

招き猫で町お輿をしたりして、若い作家さんたちの自由な発想の焼き物が登場してきています。

若い作家さんたちの自由な発想の焼き物

常滑焼焙煎珈琲

その常滑の町で焼き物の力をかりて焙煎した珈琲が、常滑焼焙煎珈琲です。
常滑の焼き物から発する「遠赤外線」を利用して
珈琲豆をふっくらと、煎り上げました。

その珈琲豆は、常滑の色々なお店で扱って頂けるようになり、まさに、地元常滑に育てて頂いた珈琲となりました。

常滑におこしの際は、是非、常滑焼のパワーと思いがあふれる常滑焼焙煎珈琲をご賞味ください。

珈琲工房しいの木の珈琲を扱って頂いているお店

このページのトップへ